スキンケアの神ぶろぐ
  • HOME >
  • 以前から雑誌やSNSで話題になっている

以前から雑誌やSNSで話題になっている

以前から雑誌やSNSで話題になっているファスティングに、ついにチャレンジしてみました。その結果、ウエスト6cm減の目標を達成しました。

全体に適度な引き締めを期待して運動も併用していたのですが、デコルテから顔にかけてのシワが部分的にとても目立ってきたような気がするんです。けして、しぼむほど減量してはしていないんですけど。








どこが悪かったとかは思い浮かびませんが、とりあえず普段は酵素(タンパク質からできているので、70℃をこえる熱により活性を失うという性質があります)を飲むくらいにとどめ、スキンケアを優先しようと思います。虫刺されの痕をずっと掻いていたり、鼻かぜや花粉症で花を何度も何度もかんでいると、それだけで肌は薄くなるそうです。
というのも、肌の一番外側に位置する表皮は薄い層が重なった創りになっていて、傷がついたり摩擦を繰り返されると、表皮の層は摩耗していくと言ってもいいですね。

表皮は皮膚のバリアです。

バリアが薄くなるとその下の真皮までダメージが届いてしまいます。
そんな風に真皮が損傷をうけてその機能が低下してしまうと、肌を支えていられなくなって、それでシワやたるみが起こるのです。

洗顔後、鏡を見たときにバッドな状態に気づいたら、食生活を見直してみてはどうでしょう。

肌に良くない食べ物(何をいつ、どうやって食べるかが大切ですね。

お腹に入れば同じというわけにはいかないでしょう)を摂らないように注意していると、素肌が回復してくるのがわかるはず。

表皮ではなく深いところ(真皮)が元気になるので、シミやシワにも良いでしょう。

ご飯を変える効果は絶大です。

これから口に入れる食べ物(何をいつ、どうやって食べるかが大切ですね。

お腹に入れば同じというわけにはいかないでしょう)のひとつひとつが肌を造ると考えたらラクなのではないでしょうか。忙しくてもご飯をしない人はいません。


出来るところから始めていきましょう。素肌の年齢は、いつまでも若く保ちたいものです。年齢以上に肌を衰えさせる要因、その最たるもの紫外線でしょう。シワの原因をシャットアウトするのが大切です。
具体的にいうとサンスクリーン剤や紫外線ケアグッズなどでしっかり対策をし、うっかり日光に当たってしまったら、なるべく早く肌を冷やして保湿機能のある化粧水やジェルなどでお手入れし、シワの元になる乾燥を予防しましょう。シミの発生も抑えるのでトータルでアンチエイジングの効果が得られると思います。

基本的に朝は時間に余裕がないので、お肌の手入れの時間が十分ない人も少なくないと思います。

朝における一分は結構大切ですよね。でも、朝のお肌お手入れを手抜きをしてしまうと、元気な肌を一日中維持する事が出来ません。

楽しい一日を過ごすためにも、朝のお肌のお手入れは怠らないようにしましょう。
秋冬の乾燥シーズンに加え、時節の変わり目には肌の乾燥に気を遣わなければいけません。

特に影響が出やすいのは目の周囲で、皮脂の分泌量が少ないため大小のシワが発生しやすく、アレルギーやアトピー体質の人だと赤く腫れて、しつこい痒みに悩まされることもあるそうです。
一度こういった状態になってしまうと、アトからリカバリするのはむつかしいため、早めのお手入れをお奨めします。目のまわりのお手入れには、オイルトリートメントを是非試してみてちょうだい。

オイルにも種類がありますので、そのときのコンディションによって使いわけると良いでしょう。アトピー性皮膚炎の方は、どのような肌手入れのやり方が正解なのでしょう?ご存知かも知れませんが、アトピーの原因は完全に解き明かされていませんから、これが正しいという肌のお手入れ法や治療法等はありません。
ただし、アトピーの人は、ほんのちょっとの刺激や体温の上昇で痒くなってしまいますから、基本的には刺激を与えないことが最も大切です。お風呂上がりはのんびりスキンケア。そんな人は多いのではないでしょうか。たしかに洗顔したばかりの肌や、湿気たっぷりの浴室から出たときの肌は、弾力があって充分な湿度がありますよね。だけど本当は、表面上だけで、そのアトすごい乾燥が迫っているとしたらどうしますか?潤った感触は、毛穴が開いて水を「どんどん飲み込む」ような状態ですが、同時に「どんどん乾燥する」わけです。毎日繰り返していれば、スキンケアが追いつかないのも当然です。


いずれシワや乾燥による老化が起きてくるはず。洗顔・入浴後は迅速なケアが必須です。タオルでふいたらただちに化粧水(保湿効果のあるもの)やライトな乳液などで水分をしっかり与えてあげましょう。どんどん吸い込んでいくはずです。
そもそも、アンチエイジングとは加齢と戦う抗加齢というもので、若返りと勘ちがいしてしまいがちですが、ただの若返りではなくて加齢を遅くさせ、本当の年齢より若々しく見せるというようにというのが正しい考え方です。
アンチエイジングは現在、基礎化粧品のみのみならず、サプリやホルモン治療といった分野でも発達しているのです。
ファンケルから出ている無添加スキンケアは、あのファンケルのスキンケアシリーズです。

無添加化粧品の中で他の追随を許さない程の知名度を持っている企業ですね。
こんなに大勢の方に広く長く使われ続けているということは、それほど商品の質が高いと言う外は考えられません。


関連記事はコチラ

メニュー